ゲンバ男子

「大正13年から紡ぐ職人の技」
「緻密な教育プログラムに基づいた確かな知識」

アルファメックを支えるゲンバ男子。彼らがいなければ高品質、高精度なメッキは作れません。
それぞれがどのような思い出でメッキに携わっているかを伝えたい。
そんな思いからスタートしたメッキ職人の特集です。

アルファメックは大正13年から続く老舗のメッキ屋です。時代の変遷と共にお客様のニーズも変化し、多種多様なメッキ技術に対応して参りました。2008年にISO9001を取得し、緻密なメッキ条件を体系化し全ての社員が変わらぬ品質で製品にメッキが出来るように致しました。また、大阪府鍍金工業組合主催の大阪高等鍍金訓練校へ社員を通わせることで基礎的な学問としてのメッキを習得させることと、国家資格である電気めっき技能士受験に挑戦することで技術レベルの向上を図っています。

しかし現場は生き物です。突然起こる不具合への対応、ちょっとしたコツで大きく変わる生産性など常に忍耐と創意工夫が必要な現場で日々悪戦苦闘するのがアルファメックのゲンバ男子たちです。ここでは、そんな彼らにスポットライトを当てて紹介していきたいと思います。

※「ゲンバ男子」は大阪産業創造館様より使用許可を得ております。

今月のゲンバ男子

今月のゲンバ男子一覧

ゲンバ男子

 


お問合
わせ