ブログ

中国で今後めっきが出来なくなるって本当!?

「水質汚染防止行動計画」が2年前に発表され、汚染物質の排出抑制のために小型生産プロジェクトを閉鎖させると具体的な対策が挙げられています。各地域の担当者は環境基準をクリアできなければ出世できない仕組みに変えられてしまったので、この動きは加速しています。

めっきは、製紙、コークス精錬、アンモニア肥料、非鉄金属、捺染、農産品加工、原料薬製造、製革、農薬とならんで10代重点業種とされ、2017年の現在相次いでめっき工場が閉鎖に追い込まれているそうです。

めっき工場はほとんど閉鎖させられ、汚水集中処理施設を備えた工業パークに各地域ごとに集約され、クリーン化を図るそうです。恐らくかなり限られた国営企業などが該当すると考えられます。

実際問題として、大半のめっき工場は淘汰されてしまうわけで、そのめっき工場を利用していた金属加工業者が困り始めたというのが現在の状況です。

いずれ中国からめっきを含めた金属加工業の大移動が始まる日は近づいているのかもしれません。

 

“中国で今後めっきが出来なくなるって本当!?” への2件のフィードバック

  1. 平山琉多 より:

    はじめまして、弊社は中国との貿易を行っている非鉄金属商社です。
    メッキのことでご相談があるかもしれませんので、そのときは
    よろしくお願いいたします。

    ******************************************************************
    EBC株式会社 Eastern Bridge Corporation
    平山琉多(Ryuta Hirayama)
    TEL:03-6264-9267 FAX:03-6264-9268

    MAIL:hirayama@ebc-tr.com URL:https://ebc-tr.com
    Address:東京都中央区日本橋茅場町2-8-8 共同ビル2F
    Kyoudou Bld.2F 2-8-8 Nihonbashi Kayabachou
    Chuou-ku Tokyo Japan
    ******************************************************************

    • nomura-kunihiro より:

      コメントありがとうございます。
      何かございましたら、ご連絡くださいませ。

コメントを残す


お問合
わせ